More from: セックスに関する悩み



セックスできなくてもオナニーがある!!

アダルトビデオやエロ動画DVDなど男性ならば誰しも一度は目にすることでしょう。その映像を見ながら自慰行為するのはもはや必然です。一般的には手でしごいてオナニーする人が大半でしょう。しかしより興奮と感度を求めるならばオナホールは必須のアイテムと言えるでしょう。

現在では膣形状のオナホールはもちろん、口の内部を模したフェラチオタイプのオナホールもあります。人気なのはAV女優の膣や口内を限りなく再現したオナホールです。他にも二次元のイメージキャラものやオナホール職人がこだわり究極に感度を求めたものもあります。

好みにも影響左右されるので一概には言えませんが個人的にお勧めなのはやはりAV女優の形状を模したオナホールです。ものによっては生身の女性を越えるほどの感度で気持ちよくさせてくれるオナホールもありますので、自分が一番気持ちが良いオナホールを見つける楽しさもあります。また何個もオナホールを所有しておいて毎回違う女性の膣に挿入しているような感覚を楽しむ人もいるようです。オナホールの楽しみ方は人それぞれですが、自慰行為をより気持ちよくさせるためのアイテムというところは変わりません。是非あなたがすぐに昇天してしまうような一品を見つけてください!

貴殿の息子に合ったオナホールを求めて

リアルホール

まずはおすすめのAV女優オナホールを紹介します。

続いてはおっぱいです。揉むもよし、挟むもよし、貴方の趣向で好きなだけ楽しめます。

次はダッチワイフ。ダッチワイフといっても枕タイプやリアルドールなど今は様々な形がたくさんあります。値段もお手頃なものからやや高めのものまでありますから使い分けですね。

他にもアダルトグッズ商品はたくさんあります。色々探してみるといいかもしれませんね。

おすすめのアダルトグッズショップはこちらです




不感症でセックスに悩む

世の中、不感症で悩んでいる女性はそこそこいるようですね。男性でいうと遅漏のような感じでしょうか。

性感帯の感度が鈍く、あまり気持ちよいと感じず濡れないなどの悩みがあるようです。性行為中もさほど気持ちよいわけではないのでオーガズムにはほど遠く、逆に感じているように演技している人もいるようです。

敏感な人からすれな感度が低いっていうのは想像もつかないかもしれませんが、性交渉そのものが楽しめず不感症だとエッチから自然と遠ざかってしまう可能性も出てきます。

人類子孫繁栄のため性行為は気持ちよく作られているわけで、そうじゃないと人はみな性交渉せずに人類は絶滅に進んでしまいます。人間が気持ちいいと感じるものならば人間は喜んでその行為を繰り返すからです。人の体はよく出来ていると思います。

ですが先ほど述べたように人によってこの気持ちよさの加減が違うわけです。不感症でもまったく感じない人から、感じにくい人、敏感に感じるひとから超敏感体質の人までいるわけです。

不感症よりは敏感体質のほうがいいでしょうけど、何事もバランスのいいあたりが理想です。不感症でまったく感じない人は一度病院に相談したほうがよいかもしれません。感じないわけではないけど感じにくい人は自分で色々試すチャンスはまだあります。

まだ自分の体の性感帯が成熟しておらず感度がまだまだ研ぎ澄まされてない場合もあります。ですので自分がどこが一番感じるのか自分でまず知る必要があるでしょう。自慰行為(オナニー)などで例えば膣内が触ると強く感じるとか、クリトリスに触ると気持ちいいとか、逆に膣やクリトリスでは感度はいまいちだけど乳房や乳首が感じるとか、首筋のほうが感じるなど人それぞれです。

これらを自慰行為などで試し、どのあたりが一番感じるかわかれば、まずは自慰行為でその部分を触るなどして感度を高めましょう。恋人や旦那さんがいる人はカレに手伝ってもらっていいでしょう。もしパートナーがいるなら「私はここが一番感じる」とはっきり伝えてそこを念入りに攻めてもらいましょう。そうすれば徐々に感度が増し感じやすい体になる可能性もあります。

抵抗がなければバイブやローターなどを購入して試すのもいいと思います。アダルトグッズに抵抗があるかもしれませんが、世の中言わないだけで案外使っている女性は多いです。気持ちいいことには人は貪欲です。言わないだけでみんな使っていますのであまり気にすることはありません。それを使って感度が増すなら儲け物でしょう。あとは前回記事にさせて頂きましたが感度を増すクリームなども試してみると良いかもしれませんね。アダルトグッズはほとんどナイトグッズとは分からないように発送してくれます。請求書なども同じです。他人にバレずに安心して購入できます。

男性の遅漏も悩みどころですが女性の不感症はもっと悩んでしまいますね。ですが先ほど述べたように敏感でなくても、それなりに「気持ちいいかも」って思える体の場所(性感帯)はあるはずです。そこを日々丁寧に刺激し感度を高め必要に応じてアダルトグッズなども駆使していけば普通に感じるようになるかもしれません。また女性の性欲のピークは40歳くらいからと言われていますので年齢を重ねていけば感じやすくなるかもしれません。

またパートナーのセックステクニックでも左右されるので、相手があまりにも自分本位のセックスだと自分だけ満足し女性のことをまったく考えずに性行為を毎回終了してしまう人もいます。

そういうパートナーは正直自分のことしか考えずエッチはかなりヘタと思っていいでしょう。女性が気持ちいいのか、痛くないのか、そこを重視しながらじっくり愛撫してくれてすぐ挿入しない男性のほうがセックスは上手と言えるでしょう。自分本位の性行為しかしない男性があなたのパートナーだったら不感症は相手まかせでは改善しないでしょう。自分でじっくり感度を上げてください。最後にこれらのことを行っても濡れない、濡れにくい、気持ちよくないなど感度が改善するとは限りません。不感症には精神的なものも関係してくるので、どうしようもない場合はお医者さんに相談しましょう。

女性が選ぶバイブレーター

おすすめのアダルトグッズショップはこちらです




セックスレスの悩みや解消方法

男女どちらにも悩みの種がセックスレス・・・。

お互いの同意がないと良いセックスはできません。

恋人だった頃あんなに愛しあったのに・・・。結婚当初が週に何度もエッチしていたのに・・・。

セックスレスで悩む夫婦やカップルは普通に愛し合っていた頃を思い出し更に悩んでしまいます。

考えられる原因はいくつか考えられます。

1・仕事が忙しくセックスに時間をあてられない。

2・奥さんや彼女に慣れてしまい欲情しなくなった。

3・子供を産んでから妻を女性としてみれなくなり母親と同じ感覚になってしまった。

4・よそで浮気しているから奥さんとエッチしなくても満足してしまっている。

5・性行為が痛い、長くてやる気が削がれる。

など大まかに挙げるだけでもこれらくらいの理由があります。

1については、奥さんや子供家庭のために一生懸命働き本気で毎日ぐったりするまで働いて性欲より睡眠欲が勝ってしまいエッチから遠ざかる場合があります。よくドラマで「今日は疲れてるから」とか、明日早いから寝るっていうシチュエーションがありますけど実際こういう忙しさでエッチする気になれないってこともあります。こういう場合は休みの前日を狙って夜の営みに誘ってみたり、子供がいない夫婦とかカップルなら寝る直前に誘うのではなく、もっと早い時間に誘ってみるのもひとつの手です。

寝る直前にエッチする人は多いですが、セックスレスの場合、就寝前では次の日のことを考えて真面目な旦那さんは「明日早いから」など理由をつけて断る場合も多いです。専業主婦の奥様などは家の家事をすべて終えて寝る直前でエッチするのが理想でしょうけど男性からしたらそうでないケースも多いです。まだ寝るには時間も早く、エッチしてもまだ時間があるほうが旦那さんはゆとりを持てる場合も多いのです。

寝る直前にエッチに誘うという概念は捨てましょう。旦那さんの一番時間を持て余していそうなタイミングで誘うのがセックスレスからの脱却に繋がるかもしれません。同じ時間に誘いワンパターンだと飽きてしまいます。

続いて2のケースですが、人間は特に男性は同じ女性と何度も頻繁にセックスすると体に飽きてしまいます。わがままなことですが人間という生き物はそういうものです。毎日毎食同じご飯やおかずを食べて飽きない人はほとんどいないです。飽きないで毎食食べれる人のほうが稀です。

しかも奥様が専業主婦の場合、毎日じゃなくてもお化粧はしていますか?旦那さんは会社や取引先、通勤電車などでお化粧をしっかりしたキレイで若い女性を常に目にしています。

家に帰り髪もボサボサで化粧もせず起きたままの姿で毎日いられたら普段キレイな女性をみている旦那さんは欲情しなくなります。なのでバッチリメイクとは言わず、常にある程度キレイにしていることは重要です。あとたまにメリハリをつけて旦那さんが家にいるとき露出の多めの格好をしてみたり、ランジェリーを色っぽいものにするのも有効です。毎日セクシーではまたそれに慣れて飽きてしまいますから、メリハリをつけて旦那さんの気持ちを刺激するようにしましょう。

続いて3のケースですが、私個人としてはこれが一番厄介なケースだと思います。

出産で妻からみんな母親という側面も持つことになるんですが、母親の面が強く出ていると男性は女性という認識が薄れてきます。母親という面が強く出ると家のことや家庭のことを安心してまかせられるという気持ちになります。ですが夫も子供と同じように母という認識になってしまう場合は多いです。男性は誰しも少なからずマザコン気質です。女性が出産し産まれてくるわけですから表には出さないまでもマザコンは多いです。

ですので母の面はもちろん重要ですが、女性の面をしっかり出しておかないといつでも妻から母親という認識になることを忘れないで下さい。またよく出産に立会う夫婦がいますが個人的にはどうかと思います。出産に立会い手を握って見守るのはいいと思いますが、お股から子供が生まれてくるところを直接みる人もいますが、それをしたことで旦那さんが妻を女性として見れなくなったという声は案外多いです。

まあ、あれだけのものを産み落とすんですから衝撃的な場面でもあります。女性からすればあれだけ苦しい思いして出産現場みたから妻に欲情しなくなったじゃ納得できませんけどね!そういうケースもあるのである程度距離を保つのは必要だと思います。

続いて4のケース。これもあるあるですね。私個人なら浮気しているなら尚更バレないように奥さんといつも通りエッチしますけど。4のケースではよその女性と浮気していてセックスしているわけですから性欲も満たされているわけです。ですので余力がない状態では家に帰っても奥さんの相手をできないのは頷けます。浮気がわかってセックスレスになっているなら、ちゃんと話し合って別れてもらうなり対処が必要です。逆のケースでもこの状況ではお互い浮気して性欲を満たしてしまう可能性があるので離婚になる確率も高まります。お互いまだ好きであればちゃんと話し合いが必要です。

最後に5のケース。これは少なからずあるケースで、膣が小さめだったり旦那さんの陰茎が人よりかなり大きいなど、挿入時に女性が痛みを伴う場合があります。これは生まれもった体の構造が原因でもあるので一概には言えませんが、男性はじっくり愛撫し膣の緊張をほぐし挿入しやすいように愛撫に時間をかける。男性の大きさは変えられませんからとにかく女性に痛みが出ないように優しくゆっくり挿入したり動かすようにする。あとはローションなどを使い滑りを良くし円滑に動かせるようにする。などが対処法です。

セックスレスが原因で離婚や別れてしまうカップルは非常に多いです。男性でも女性でもどちら側が誘ってもセックスに応じてくれないと、その欲求不満はどんどん膨らんでしまいます。

旦那が、奥さんがセックス応じてくれなくて悩みに悩んで外で別の相手と浮気してしまうことも多い。結局それが引き金で離婚してしまうケースも。

また、相手をしてくれないならと出会い系サイトなどで相手を探し性欲を満たすという人も案外多いんです。

旦那さんが奥さんに相手にしてもらえないなら、とにかくムード作りを大切にし妻を愛しているというアピールをしましょう。攻めてばかりではなくたまには引くことも重要です。人間同じ攻めてでは慣れてしまい飽きてしまいますから。

奥さんが旦那さんに相手にしてもらえない場合は、まずいつもとは違う部屋着とかセクシーなランジェリーを身に着けてみましょう。できれば夜でもお化粧したほうがセクシーなランジェリーは映えます。誘う時間帯は就寝前だけではなく、違う時間帯に誘ってみるといつもと違い意外性から奥さんが見える雰囲気も変わりセックスに応じてくれるかもしれません。

大変ですけど一度セックスレスになると修復には時間がかかります。修復できないことも多いですから時間をかけ相手にムリをさせずに色んな方法で誘ってみることです。セックスについて話し合うことも大切です。

手っ取り早く雰囲気を変えるにはちょっぴりセクシーな部屋着や色っぽいランジェリーがお勧めですよ。

おすすめのアダルトグッズショップはこちらです